スポンサードリンク

猫のしつけの基本

CA109_L.jpg猫を飼っている人にとってしつけはとても大事な事ですよね。言うことを聞かないからと叱ってばかりいても、猫も飼い主もストレスがたまってしまいます。猫には普段から話しかけたり、遊んだりスキンシップを取ったりとすることが大切です。
しかし、遊んでばかりでは駄目ですよね。ここでは猫に対する「しつけ」を少しご紹介したいと思います。

・猫が悪いことをしたら、その場で怒るようにしましょう。怒ることによって猫はびっくりして、こちらの顔をうかがうような感じになって今している行為をやめるようになってくると思います。注意しなければならないのは、後から怒っても意味が無いと言うことです。何を怒っているのかが分からないからです。
怒ったら、必ず最後には誉めることも忘れないでくださいね。

・一度悪いことをして怒ったら、その行為に対しては全部怒るようにしましょう。気分によって、怒ったり怒らなかったりしては、猫はこれが悪いことだと認識しませんので、注してくださいね。

・上記のような事を猫に覚えさせるには、根気が必要です。飼い主側が途中で根気負けをすると、猫は許してもらえると思ってしまって駄目なことを駄目と認識しなくなります。猫は悪いことを認識すると、その行為をする前に飼い主の顔を見るようになります。そのときにちょっとにらんであげると、「駄目なんだ」と再認識して悪いことをしなくなりますので、そういうようになるまで根気強く続けましょう。

猫のトイレのしつけ(1)

CA116_L.jpg猫のしつけの一環として、「トイレのしつけ」があります。トイレで猫の健康管理が出来ますので日ごろから尿や便の回数をチェックしておいたほうがいいと思います。

・トイレの場所を固定させましょう
 廊下の隅や部屋の隅など、猫が落ち着いて安心してトイレが出来る場所にトイレを決めてあげてください。
トイレが不安のままするような環境であれば、猫はトイレをしなくなります。そういう場合、トイレではなくて他の場所でやってしまうことになるので、出来るだけ落ち着いた場所にトイレを置くようにしてください。その際、こまめなお掃除を心がけるようにしてください。

・トイレを覚えていない猫の場合、床のにおいをかぎながら、その辺をウロチョロしはじめたら、トイレのサインと思って猫をトイレの中に連れて行ってあげましょう。

・猫がトイレをしている最中は、びっくりして途中でトイレをやめてしまうので、話しかけたりちょっかい出したりしないようにしましょう。

・トイレが終わったら、砂をかけてトイレから出てきますので、その場で誉めてあげましょう。

・トイレの場所以外のところで、してしまった場合は、すぐにその場所をお湯などで拭いて消臭スプレーをしましょう。そうじゃなければ、そこに匂いが残ってしまうのでまたそこでトイレをしてしまいます。

・トイレの場所を変えたいとき、少しずつ少しずつずらしていくようにしましょう。引越しのときは、まずは猫にトイレの場所を教えるところからはじめましょう。

猫へのしつけ

CA113_L.jpg猫へのしつけの一つに、色々な場所に猫を乗せないようにしたい場合のしつけがあります。この場合には隙間と言う隙間にも用心が必要です。

猫と言うのは木に登る事がすごく簡単です。つかまるところがないカーテンにも登ったりすることがあります。ですから、きちんと登れる場所(キャットウォークなど)を部屋の中に確保してあげることが大切となります。猫は基本的には足場がないところや、不安定な場所には登らせないようにしないと、落ちたりすることもあるので大変です。家具の隙間や本を積み重ねたりしているところにも注意は必要です。
気をつけなければならない時期は特に子猫のときですが、成人してからでも足を踏み外す危険性はありますので、注意するようにしてください。

次に音の事ですが、猫は音を怖がります。掃除機の音など急に大きな音がすると、逃げたり攻撃してきたりさまざまな方法で怖がります。そのために掃除機の音は子猫のうちから徐々に慣らさせるようにしましょう。また、怖がっている間は、猫が寝ている間に掃除機をかけないようにして、起きている間に上手に逃がしながら掃除をするようにしましょう。

最後にトイレについてですが、猫はトイレが汚れていると、そこでトイレをすることを嫌がりますのでこまめに掃除をしてあげましょう。トイレ掃除が楽にできるように、最近ではぬれると固まる砂が売っているのでそういうのを使うと楽にできます。
また、トイレ自体は使い捨ての除菌シートなどを使ったほうが簡単に取り替えられるので楽です。

猫のしつけ「食事や健康管理」について

CA115_L.jpg猫のしつけの一つに「食事」「健康管理」というものがあり、すごく大事なものだと思います。

通常はキャットフードで主食総合栄養食という表示がされているものと、お水をあげるだけで大丈夫です。あげる量は猫によって違いますが、猫にあったタイプのものを適量あげるようにして、どのくらい食べているかを常にチェックしておくようにしましょう。食事を与えるのは、子猫の場合は朝・昼・夜の1日3回、成猫の場合は朝・夜の1日2回あげるようにするのがおすすめです。

お水はいつでも飲めるように毎回取り替えてあげるようにしましょう。食器が不衛生なのはあまりお勧めできるものではありませんので、いつもきれいにしておくようにしましょう。

おやつですが、与えすぎると癖になりご飯を食べなくなったりして、おやつが主食になってしまうようになってしまうことがあります。またおやつによっては下痢気味になったり、虫歯や病気のもとになったりしてしまうこともありますので、注意してあげるようにしてください。

猫にあげてはいけない食べ物と言うものを以下にあげてみますので参考にしてみてください。
・熱い食べ物
・冷たすぎる食べ物
・お菓子(甘いもの)
・硬い骨
・味噌汁
・イカ
・魚介類の内臓
・わさび・カレー粉などの香辛料
・煮魚(しょうがを使っているもの)
・たまねぎが入っている食べ物

といったような感じです。特にイカは猫が好んで食べたがるものですが、食べさせてはいけない代表的なものです。注意するようにしてくださいね。

動物のしつけ(猫編)

CA117_L.jpg動物を飼うとただ飼っているのでは駄目です。ある程度しつけと言うものが大事になります。ここでは猫に対するしつけのお話をご紹介してみたいと思います。

【怒る】
猫が悪いことをしたらその場ですぐに叱るようにしましょう。後で叱っても猫は何に対して怒られているのか分かりませんので注意するようにしましょう。
猫は耳が敏感なため、「コラ!」と声を出すだけで叱られているんだなと認識します。ですから、同じような悪いことをしようとしたときに声を出すだけで叱られているんだなと認識して悪い行動をしなくなります。
しかし、怒る=叩くということはしないでください。また、叱ってすぐ出来るようになったら誉めることも忘れないようにしてくださいね。

【トイレ】
トイレのしつけは子猫の時期から徹底するようにしましょう。猫にトイレの場所を教えるには、トイレのしぐさ(部屋の隅の匂いをかぎまわったり、床を引っかくような行為)をしたら、猫を驚かさないようにトイレのところに猫を連れて行くようにしましょう。
これを数回繰り返すようにすれば、そのトイレを使うことを習慣で覚えるようになります。また猫が安心してトイレができるように、トイレの中におしっこのにおいがついたティッシュなどを入れておくのもいいと思います。
また、トイレは部屋の隅など人があまり通らず、猫がリラックスして出来る場所に置くようにしましょう。トイレの場所はコロコロ変えないようにしましょう。変えてしまうと猫はどこにトイレがあるか分からなくなってしまいます。