スポンサードリンク

猫のしつけの面から見た去勢と不妊の手術

オス猫は発情期になるとスプレー行動という壁やそこらへんにオシッコを少しずつかけて歩くという行動をするようになります。この行動は猫自身の縄張りを主張するという意味を持っているので、やめさせるということは出来ないです。

トイレをきちんとしていた猫が、急にスプレー行動をするようになると、あちこちにオシッコをして歩くと言う事態になってしまいます。
このスプレー行動を取ってしまった後に去勢手術をしてもトイレのパターンが乱れてしまっているので、元通りに直すのは非常に難しくなります。猫の繁殖を考えていないのであればスプレー行動が出てしまう前の生後7〜8ヶ月後くらいに去勢手術をするのがいいと思います。

メス猫の場合は、発情期のときに交尾をせずに過ごした場合トイレのパターンが乱れてしまうことがあります。このとき発情期が過ぎると元に戻るので、この期間中はケージで飼うなどして対処するほうがいいと思います。また、赤ちゃんが欲しくないのであれば不妊手術を考慮してみたほうがいいと思います。

また、この手術を自然と反するからという理由で否定する人もいます。しかし交尾をすると100%の確立で子猫が生まれてしまう結果になってしまいます。その後で後悔しても遅いと思いますので、どういう理念で育てていくのかは飼い主の自由な考えでいいと思いますが、飼い主にとっても猫にとってもよくなるように是非真剣に考えてあげるようにしたほうがいいと思います。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/14686720

この記事へのトラックバック