スポンサードリンク

猫のトイレのしつけ(4)

猫のしつけとして、まずやらなければならないのはトイレです。
猫にトイレを教えるのは比較的簡単です。猫の習性を利用するようにすればいいのです。

猫の先祖は砂漠で生活していた動物で、その名残で砂の上で排泄するという習性が備わっているようです。
よく公園の砂場などで糞を見るのもこの修正によるものです。しかし、自分の子供が遊ぶところに糞があったらそれはいい気分しないですよね。飼われていない猫はしつけられませんが飼い猫位は外や色々なところでしないようにしつけたいものですよね。

トイレのしつけ方ですがトイレに猫砂をしきつめ、トイレを設置したい場所に置きます。そしたら猫砂に猫の排泄物を拭き取ったティッシュなどを置くだけで自然とその場所でトイレをするようになると思います。

トイレ以外のところで排泄してしまった場合は現行犯で叱るようにしましょう。そのあとその場所に臭いが残らないようにきちんと拭き取るようにしましょう。また、猫がトイレをするそぶりを見せたら、すぐトイレに連れていきましょう。
子猫をしつける場合は比較的簡単にしつけすることができますが、大人の猫は簡単にはいきませんので、根気よく教えるようにしましょう。

また、不潔なトイレでは猫は排泄をしませんのでまめに掃除をするようにしましょう。

ここでご紹介したしつけ方は全部の猫に適用されるわけではありません。逆効果になる場合もありますので猫の反応を見ながらしつけていくようにしましょう。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/14686733

この記事へのトラックバック