スポンサードリンク

猫のしつけ「寝るとき」「外出」編

【猫が寝るときのしつけ】
猫と言うのは夜行性の動物です。夜皆が寝た後でも家の中では猫が走り回っているというケースはいっぱいあります。しかし、これは本来の猫の姿であるだけで、人間と一緒に行動を共にしていると猫も自然と同じ生活習慣が身についてきます。猫は環境に順応していける動物なのですがマイペースです。猫が寝ないからという理由で、無理やり寝かしつけようとしても駄目だし、夜寝かせるために昼寝しないように起こしておくと言うやり方もあるかとは思いますが、毎日猫に付きっ切りでいる訳には行かないと思いますのでこのやり方には無理がありますよね。ですから飼い主が規則正しい生活を送り、決まった時間に寝起きしていることで猫も合わせて寝るようになるかもしれません。

【外出するときのしつけ】
いざ外出するときの為(病院など)に、ケージやキャリーバックに入れる習慣を付けて置くようにしましょう。キャリーバックに入れて騒がれたりしたら面倒ですよね。ですから普段から慣らさせておく必要があります。
では、どうやって慣らさせるのがいいのでしょうか?普段から猫の目に止まるところに置いておいて、いつでも出入りが出来るようにしておけばその中は安全だと認識してくれると思いますよ。
注意しなければならないのは、キャリーバックから猫を出すとき興奮して暴れてしまうことがまれにあるかもしれないので、リードなど準備しておいたほうがいいと思います。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/14686735

この記事へのトラックバック