スポンサードリンク

猫のハウスのしつけ

「ハウス」というのは猫のくつろぎの場所を与えるための、キャリーバッグやケージに入ることに慣れてもらうためのしつけです。このしつけをちゃんと行うことが出来ると、旅行に行くときにも一緒に行けるし、病院に連れて行くときや万が一の災害のときにも抵抗されずに連れ出すことが可能となります。

このしつけが出来ないと、例えば病院に連れて行くとき、キャリーバッグに入れようとするだけで猫は不安になったりして抵抗してしまいなかなかバッグに入ってくれなくなります。ここで注意してもらいたいのは「ハウス」というのは決して「お仕置き部屋」ではないということです。悪いことをしたから「ハウス」に入れるとか、お客さんが来たから「ハウス」に閉じ込めてしまうとかそういうことには使わないようにしてください。あくまでも「ハウス」は楽しくて安心できる場所であるということを認識させなくてはいけません。

では、どうやって「ハウス」をしつければいいのでしょうか?ケージやキャリーバッグに入ってもらうのにはそこが猫にとって楽しく、そして安心できる空間なんだよと言うことを教えてあげればいいのです。そのためにはキャリーバッグなどを必要な時だけにどこかから出してくるのではなくて、普段からキャリーバッグなどを部屋の中に出しておいて猫が自然と入れるような状態にしておくことが大切だと思います。無理やり入れるのではなくそっと見守っていくことが大切なのです。決して注目したり騒いだり驚かしたりしないようにしてくださいね。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/14686736

この記事へのトラックバック