スポンサードリンク

猫が凶暴な場合のしつけ方

猫の中にも凶暴性な猫というのがいます。しつけとして、突然凶暴性が出てきた場合は原因を見つけて取り除いてあげるようにしましょう。


また手を猫に近づけると爪を立てたり、咬みついたりなどする猫はよくいますよね。こういう猫は子猫のときに親兄弟と離れて1匹で暮らすようになった猫によく見られる行為です。親猫とかから咬まれた経験が無いために、咬む限度というのがよく分からないのです。子猫が噛み付くなどする場合は飼い主がきちんとしつけるようにしましょう。
しつけの仕方ですが、咬まれたら「駄目!」と声を出して叱るようにします。叱られても止めない場合は、口元か鼻をかるく指ではじくようにしましょう。決して強く叩いてはいけません。これを繰り返すと咬むと怒られるという認識が猫につきますので咬まなくなってくると思います。

また、猫がひっくり返ってお腹を見せる行為をしたら気をつけましょう。この体制は服従の意味やお腹を撫でてほしいときなどリラックスした時に出る行為でもありますが、攻撃態勢でもあります。この体制だと4本の足を使えるし、噛み付くこともできるからです。この状態が成猫で行う場合は、無視してその場を立ち去るようにしましょう。そうすることで、攻撃する相手も咬むこともなくなるので癖がつかなくなると思います。

それでもなかなか咬み癖が直らない場合は、霧吹きスプレーなど猫が嫌がることをするという方法も有効的です。スプレーも体に害がないもの、ペットショップなどに売っているお酢入りスプレーや苦いものなどがいいようです。

猫が急に凶暴になった場合

今まで凶暴でなかった猫が急に飼い主に対して攻撃的な態度を取るようになった場合、原因はストレスではないかと考えられます。

通常はそのストレスの原因を追究して取り除くと大丈夫だと思いますが、それでも直らない場合は病気の危険性も考えられますので獣医さんに相談してみるのをおすすめします。
以下に、急に攻撃的になる場合のケースを挙げてみましたので参考にしてみてください。
・新しいペットが入ったり、引越しや留守がちになったりするなど今までと生活環境が変わってしまった場合、攻撃的になる場合があります。

・虐待を受けている猫は自己防衛本能で攻撃性を持ってしまう場合があります。また、親猫が子猫を守ろうとして知らない人が近くに来ると攻撃的になる場合もあります。

・痛みから防衛する形で攻撃をする場合があります。どういうことかというと、怪我をしているときにその箇所に触られた場合は威嚇をしたり、歯槽膿漏で口の中がいたい場合、リュウマチになってしまうと抱かれること自体嫌がったりする猫もいるほどです。

・遊び足りなくて攻撃的になる場合もあります。室内猫によく見られるケースですが、こういった場合は走り回れるようにおもちゃを使ったり、もう一匹飼って遊び相手を与えてあげたりすると言うのも手です。

・ホルモン異常
 猫も年を取ってくると甲状腺機能亢進症というホルモン異常を起こす場合があります。こうなると突然凶暴になってしまう場合もありますので、すぐ獣医さんに相談してみたほうがいいと思います。

猫のスプレー行為について

猫のおしっこの臭いって本当に臭いですよね。何かの本に「猫の先祖はエジプトの砂漠で生まれた」と書いています。そのためか、猫は乾燥した環境に対応できる身体になっています。だから他の動物に比べて水分をあまり補給しなくても大丈夫なようです。

人間の身体でも体内に水分が少なくなると、おしっこの色が濃くなったりして臭いも出てきますが、猫も同じで体内の水分量が少ないために強烈な臭いを発すると言うわけです。
猫の行為の一つに「スプレー行為」というものがあり、縄張りを主張したり、メス猫に対して存在アピールをしたりする為だそうで、おしっこをオチンチンの先をジェットノズルのようにしてスプレー状に吹き付ける行為を指しています。猫の臭い臭いを吹き付けてしまう訳ですから、家の中でやられたらたまらないですよね。

このスプレー行為は去勢をすると、ほぼ行為自体しなくなるらしいですが、たまにする猫もいるようです。去勢手術の時期ですが、生後8ヶ月頃から手術を受けることが可能なようでこれより早く手術をすると病気になる恐れがありますので注意が必要となります。

しかし、他の動物と違って猫のオチンチンというのは小さいです。それが去勢によって更に小さくなるそうなので、先にゴミや尿石が詰まってしまう事もあります。それは丹念に洗ってあげるなど飼い主がしっかり見てあげることが必要となります。

これもしつけ遺憾によるものだと思うので、猫に愛情を持って接していき、うまくしつけが出来るようにしていきましょう。

猫の散歩

猫と散歩すると言う項目の情報は本などでもあまり見かけませんよね。

家で飼っている猫と言うのは家の中ばかりにいてあまり外にでませんよね。しかしそんなインドア派の猫もなにかきっかけがあるとアウトドア派に変わるかもしれませんよ。

散歩の楽しさを知ってしまった猫はなにかにつけて外に出たがるようになります。飼い主に「ニャー!」と鳴いて散歩につれていけアピールをするようになります。外に連れ出すときは最初のうちはきちんとリードをするようにすることが大切です。

慣れてくると一人で外に出ていって一人で帰ってくるようになってくると思います。最初のうちは2〜3時間だった一人での散歩だったのに、時間が経つにつれて延びてくるようになってくると思います。

最初のうちですが、リードを付けている状態でも車やバイクの交通量があまり多くないところを選ぶようにしましょう。そのうち、飼い主の近所の買い物についてくるようになるかもしれませんね。そうなったらお店に一緒に入るのは難しいと思うので「待て」を覚えさせるようにしましょう。何回か繰り返すと「待て」もちゃんと覚えるようになり、お店からでたらまたあるきだすというようになるかもしれませんよ。

このように猫は外出を覚えてしまうと外にでたがって仕方なくなります。あまり無理せず、ちょっとずつ道を教えていくなど猫にとって最低限の安全を確保するようにしましょう。

ただし、無理をしすぎて猫が帰ってこなくなったなんてならないように十分注意してくださいね。

猫の問題行動に対するしつけについて

飼い主にとって困る行動を猫がしてしまうことを問題行動といいます。決して「問題行動=異常行動」と言うことではありません。例えばどういうことが問題行動かというと、テーブルや家具の上にあがったり、咬んだり、トイレ以外のところでトイレをしたり、爪をカーテンなどで磨いだりというような事です。

この問題行動を直すには根気が必要ですので、一回で直らないからと諦めないで優しく見守っていくようにしましょう。

問題行動を取るようになる原因と言うのを探ってみるのもいいかもしれません。普段から猫にとってストレスが無い環境であるかどうか、また猫が欲求不満の状態でいるときは問題行動を解決すると言うことは難しいと思います。

では、まずテーブルにあがるという問題行動の直し方ですが、猫がテーブルや家具などに上がった瞬間に「駄目!」と叱るようにしましょう。叱って猫がその場から動かなくなったら、テーブルや家具の上から下ろしてあげましょう。
この叱るということは、上がるたびに毎回叱ってあげるようにしなければなりません。飼い主の気分によって叱ったり叱らなかったりすると猫はきちんと理解してくれませんので根気よく続けるようにしてください。

次に咬み付くという問題行動ですが、猫にとっては「遊んで」というサインですので悪気はありません。ですからおもちゃなどで遊んであげるようにしましょう。甘咬み程度ならいいのですが、痛いくらいに思いっきり咬んでしまうときは、きちんと「駄目!」と叱ってあげましょう。