スポンサードリンク

猫のしつけ「食事や健康管理」について

CA115_L.jpg猫のしつけの一つに「食事」「健康管理」というものがあり、すごく大事なものだと思います。

通常はキャットフードで主食総合栄養食という表示がされているものと、お水をあげるだけで大丈夫です。あげる量は猫によって違いますが、猫にあったタイプのものを適量あげるようにして、どのくらい食べているかを常にチェックしておくようにしましょう。食事を与えるのは、子猫の場合は朝・昼・夜の1日3回、成猫の場合は朝・夜の1日2回あげるようにするのがおすすめです。

お水はいつでも飲めるように毎回取り替えてあげるようにしましょう。食器が不衛生なのはあまりお勧めできるものではありませんので、いつもきれいにしておくようにしましょう。

おやつですが、与えすぎると癖になりご飯を食べなくなったりして、おやつが主食になってしまうようになってしまうことがあります。またおやつによっては下痢気味になったり、虫歯や病気のもとになったりしてしまうこともありますので、注意してあげるようにしてください。

猫にあげてはいけない食べ物と言うものを以下にあげてみますので参考にしてみてください。
・熱い食べ物
・冷たすぎる食べ物
・お菓子(甘いもの)
・硬い骨
・味噌汁
・イカ
・魚介類の内臓
・わさび・カレー粉などの香辛料
・煮魚(しょうがを使っているもの)
・たまねぎが入っている食べ物

といったような感じです。特にイカは猫が好んで食べたがるものですが、食べさせてはいけない代表的なものです。注意するようにしてくださいね。

猫の飼い方と病気

猫って可愛いですよね。しかし猫を飼いたいけど飼いかたがいまいち分からないという方は多いと思います。猫に限っての事ではありませんが、何か動物を飼うときは飼い主としての責任と義務をよく把握して置くようにしましょう。

まず猫を飼ったら、避妊や去勢手術の事を考えなくてはいけません。する必要がなければいいのですが、そうじゃない場合は手術をしておいた方がいいでしょう。また予防接種なども受けておいたほうがいいと思います。

次に猫を飼うときのポイントですが、室内で猫を飼うときには「トイレ」「食事」「爪とぎ」のしつけをしておいた方が快適に過ごしていけるポイントだと思います。しつけは子猫の方が早く覚えてくれるので、子猫のうちに教えておいたほうが楽です。また大人の猫の場合は、時間がかかりますので根気よく覚えさせてくださいね。

猫の病気についてですが、病気で初期症状が出ない場合は、飼い主でも気づきにくいものですよね。病気じゃないのか?と気づくのは大抵嘔吐を繰り返すようになったり、下痢をするようになったりしてじゃないかと思います。少しでも「病気かな?」と思ったらすぐ動物病院に連れて行き、専門のお医者様に診てもらうようにしましょう。

猫の病気と言うのは、命に関わるものももちろんあります。特に野良猫などと接触した場合は病気にかかりやすいと言われているほどです。大切な愛猫のために、定期的に予防接種や健康診断などを受けられることをおすすめします。

猫のしつけの面から見た去勢と不妊の手術

オス猫は発情期になるとスプレー行動という壁やそこらへんにオシッコを少しずつかけて歩くという行動をするようになります。この行動は猫自身の縄張りを主張するという意味を持っているので、やめさせるということは出来ないです。

トイレをきちんとしていた猫が、急にスプレー行動をするようになると、あちこちにオシッコをして歩くと言う事態になってしまいます。
このスプレー行動を取ってしまった後に去勢手術をしてもトイレのパターンが乱れてしまっているので、元通りに直すのは非常に難しくなります。猫の繁殖を考えていないのであればスプレー行動が出てしまう前の生後7〜8ヶ月後くらいに去勢手術をするのがいいと思います。

メス猫の場合は、発情期のときに交尾をせずに過ごした場合トイレのパターンが乱れてしまうことがあります。このとき発情期が過ぎると元に戻るので、この期間中はケージで飼うなどして対処するほうがいいと思います。また、赤ちゃんが欲しくないのであれば不妊手術を考慮してみたほうがいいと思います。

また、この手術を自然と反するからという理由で否定する人もいます。しかし交尾をすると100%の確立で子猫が生まれてしまう結果になってしまいます。その後で後悔しても遅いと思いますので、どういう理念で育てていくのかは飼い主の自由な考えでいいと思いますが、飼い主にとっても猫にとってもよくなるように是非真剣に考えてあげるようにしたほうがいいと思います。