スポンサードリンク

猫の叱り方・褒め方カテゴリの記事一覧

猫の叱り方・誉め方

猫のしつけについて色々書いてみましたので参考にしてみてください。


【叱り方・誉め方】
猫には物事の善悪と言うのはつけられないために、何かして飼い主が叱っても反省もしないし知らんぷりされてしまったりします。
しかし、叱る材料になることは人間にとって不都合なことを猫がした場合ではないでしょうか?猫自身は好きなように家具の上に登ったり、カーテンで爪とぎしたりしているだけなので決して飼い主に迷惑をかけていると言う意識が無いのです。
猫は大きな声で怒鳴られることが嫌いです。飼い主は怒っていても猫は攻撃されているとしか思わないので、叱るだけの人は危険人物と認識し、飼い主を避けるようになる可能性があります。

ではどうやって猫にしてはいけないことを教えればいいのでしょうか?

・霧吹きを吹き掛ける
猫は体が濡れることを嫌がります。何かしてはいけないことを猫がしようとしたら、足元に霧吹きを吹き掛けるなどしてください。

・アルミホイル
アルミホイルを歩く感触と言うのを猫は嫌がります。例えば近寄って欲しくない場所やトイレ以外の場所でトイレをする場合などその近くにアルミホイルを敷いてみるようにしてみましょう。

・音
猫が悪いことをしそうになったら手を叩いたり、声を「ダメ!」「あっ!」などして音をだしたり、猫をびっくりさせるようにしましょう。

【驚かす】
猫が悪いことをしようとしたら当たっても痛くないものを近くに投げてびっくりさせるようにしましょう。

猫の叱り方・褒め方

猫のしつけをする上で、「叱る」と言うことはものすごく必要なことです。しかし、同じ叱るのでも叱り方があります。ただ叱っているだけのように間違ったしかり方をしてしまうと、猫も臆病になり、常に飼い主の顔色を伺っているようになってしまったり、飼い主を見てもそっぽ向くようになってしまったりするようになってしまいます。また叱るには声だけにしましょう。間違っても叩くと言う行為はしないでください。叩いてしまうと猫にいたずらに恐怖心だけを植えつけてしまう結果になってしまいます。

では、叱り方はどういう風にすればいいのでしょうか?叱るときにただ感情に任せて声を荒げたり、猫を叩いて苦痛を与えたりという飼い主と猫という信頼関係が崩れるような行為は絶対にしないでください。恐怖心が植えつけられるか、猫を興奮させてしまうようになってしまいますので絶対に注意するようにしてください。

次に叱るタイミングですが、「現行犯」が肝心です!猫がいたずらした結果を見て、そのことについて後で猫を叱ったところで、猫は何で自分が叱られているのかが分からず、効果が得られないと思います。叱るときには、そのいたずらする行為をしているときに叱るようにしましょう。

叱るのとは逆で褒めることも猫には大切なことです。しかしほめ方にも注意が必要です。過剰に褒めすぎずに、猫が好きな場所を撫でてあげるなどコミュニケーションを充分にとるようにしましょう。それだけで十分に褒めてあげていることになると思いますよ。